Koreは何かに使えるよ

遊戯王をしていない人のアイデア保管庫です

ブリリアント・フュージョン万能説

断言しよう、ブリリアンフュージョンありとあらゆるデッキに搭載することができる万能のカードである


リリアント・フュージョン 永続魔法カード
同名ターン1
(1)デッキからジェムナイト融合モンスターの融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスターを攻守0で特殊召喚する このカードが場から離れた場合にそのモンスターを破壊する
(2) 1ターンに1度、手札の魔法カードを1枚捨てて発動する このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの終了時まで元々の数値分アップする
遊戯王wikiへのリンク


●ランク4を扱わないデッキは、デッキと呼べない ただの紙束である
 (昨今の遊戯王ランク4モンスターズを見れば一目瞭然)
●ブリリアンフュージョンはランク4展開を猛烈にプッシュする
 (セラフィでNS権を増やしつつ墓地からクラウン蘇生)


これで証明された 全てのデッキにブリリアンフュージョンが投入される




続きからは真面目に書きます リリアントの強さに震えろ

 リリアンフュージョン1枚でできること
挙げられたもののいずれかがあらゆるデッキにとって助けになることを証明すれば、全てのデッキに搭載されることになる
過去の記事も参考になる 

・融合体の展開
レベル5~10のジェムナイト融合モンスターを展開できるので、各種の素材に使える
場や墓地に融合モンスターを必要とするカードのサポートにもなる
 ☆5 ラピスラズリ、セラフィ セラフィはNS権を増やせるので最も扱いやすい
 ☆6 ルビーズ、 トパーズ、アクアマリナ
 ☆7 マディラ、プリズムオーラ、アメジス 
 ☆8 ジルコニア
 ☆9 マスターダイヤ
 ☆10ブリリアントダイヤ 自身リリースで同名以外のジェム融合体をリクルートできる

・墓地肥やし
デッキ融合の素材として墓地に落とせるので、墓地肥やしに使う
 セラフィ 光属性
 マディラ 炎族
 アメジス 水族
 プリズムオーラ 雷族
 ジルコニア 岩石族
また、全てのジェムナイトモンスターを墓地に送れるので、蘇生カードや墓地回収などの助けとなる
ジェムのバニラはレベル3、4、7が存在
ジェムの効果モンスターはレベル1、3、4が存在
デュアルモンスターも存在
これらはマスターダイヤを指定することで最大3体まで同時に落とすことができる

・バニラ回収
ジェムナイトラズリーをデッキから落とすことで墓地のバニラを回収できる
ラズリーとバニラでデッキ融合し、落としたバニラを即座に回収すると良いだろう

・手札の魔法カードを捨てる
融合体のステータスアップ効果のコストとして捨てることができる
おジャマジック、ヒステリックサイン、トイポットなどの捨てたい魔法カードを捨てる

・場にカードを2枚用意する
融合体を出すだけでジェム融合+ブリリアントとなりカードが増えている
光帝クライスやペンマジ、トライデントドラギオン、強制終了などの自分場のカードを要求するカードのコストにする


これらを組み合わせて様々なことができる

●レベル5~10のジェム融合を出せるのでエクシーズ素材、アドバンス召喚のリリースとする
 →ブリリアントダイヤの効果を使えれば高レベル融合をもう一体出せる

●セラフィ関連
・NS権増加に使う
・ラズリー&光バニラを素材にすることで、光属性バニラ回収+NS権増加となるので擬似的な「予想GUY」となる 
 →セラフィと光バニラの2体をアドバンス召喚のリリースにする 
 →光バニラをギャラクシーサーペントにしてセラフィとで7シンクロ
・トリッククラウンやジャグラーを落とせば猛烈なランク4サポートになる

●マディラ関連
ヴォルカニックバレットを落として手札コストを稼ぐ
●アメジス関連
ラズリー&ウォーター・スピリットを素材にしてスピリットをNSすれば相手の裏側をバウンスしつつ8シンクロ

赤文字の部分だけで凄まじい汎用性であることが分かるだろう
NS権増加、擬似予想GUY、エクシーズ補助、アドバンス補助が可能
擬似予想GUYまたは融合体を使うことでレベル1~10のモンスターを特殊召喚できるカードとなる



次はデメリットを見ていこう
完璧なカードであるブリリアントに風穴を開けるべく、些細なデメリットも見逃さない所存だ


・EXデッキの圧迫
リリアントを3枚搭載したら、融合体は2枚入れておかないと不安だ 不安を振り払って1枚だけの採用にしたとしても圧迫は圧迫である
特にランク4デッキでは、このデメリットはかなり苦しいことになるだろう

・メインデッキの圧迫
リリアントを入れる3枠はまぁ良いとしても、メインデッキにジェムナイトを2枚は入れておかないと不安だ
入れておくジェムナイトもせいぜいATK1900バニラのガネットであり、引いたら凄まじく弱い

・モンスターを展開しないデッキでは役目が無い
【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】【各種バーン】などではエクシーズもアドバンスもしないので、ブリリアントを採用しても何もできない

・場に出る融合モンスターが弱い
攻守0なので「戦闘破壊した時」「戦闘ダメージを与えた時」関連カードのトリガーになってしまう

・ブリリアントは永続魔法カード
チェーンサイクなどで不発にされてしまう
これなら1:1なので構わないが、永続カードや罠を搭載しないことで「相手の魔法罠除去を腐らせる」ことを目指した構築だとブリリアントに除去が集中し、その目的を果たせないことになる 【AF】や【フルモン】には入れづらいということだ

特殊召喚メタに弱い
警告か何かだったら1:1なので構わないが、パキケファロや虚無空間を貼られると腐る
自分が特殊召喚メタを用いる場合も採用は苦しい

・マクロコスモスやダークロウなどの全体除外に弱い
墓地肥やしを主眼としてブリリアントを採用した場合、腐ることになる
エクシーズやNS権増加を狙っている場合はまだなんとかなる
こちらがマクロコスモスを使う場合も搭載しづらい

・EXデッキ破壊で腐る
恐らく見ないと思うが轟雷帝ザボルグやドラグニティトライデントなどでEXの融合体を落とされると腐る


ここまで本当に些細なものまで列挙したが、ほぼ全ての場合でメリット>デメリットとなるので、やはりブリリアンフュージョン万能説が揺らぐことは無い ごく少数の奇特な人物はブリリアントを採用せずに、辛く険しい遊戯王を苦しみながら楽しむと良いだろう 私なら全てのデッキに採用して輝かしいブリリアントな遊戯王を楽しむがね


さて、ここまでメリット、デメリットを書き連ねてみたが、そろそろ結論を出そう

「全てのデッキに採用できる」 これは言いすぎだが
モンスターを展開して攻めるデッキには採用できる
・レベル1~10のモンスターを特殊召喚するカードとして扱える
・場に☆5モンスターと☆2チューナーを特殊召喚するカードとして扱える
・場に2体のモンスターを特殊召喚するカードとして扱える

この3点によってエクシーズ召喚、シンクロ召喚アドバンス召喚のサポートとして申し分ない性能である
あまり旨みは無いが、任意のレベルになるので儀式召喚のサポートもできる
また、自身が融合サポートである
この様に、全ての召喚方法において有用なサポートとして機能する


さぁ、みんなもブリリアンフュージョンを採用しよう